次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づき、社員の仕事と子育ての両立支援、社員全員が働きやすい環境を整備することによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにする為、次のように行動計画を策定する。

計画期間

    2022年4月1日 〜 2027年3月31日(5年間)

目標


    年次有給休暇の取得促進(取得率を75%以上)

取組内容

  •         2022年4月〜 年次有給休暇の取得状況を把握する(取得状況分析)

                      管理監督者の率先垂範による取得促進

                       子育てや介護等効率良い有給休暇取得推進を検討(半日休暇を増やす等)

  •         2023年1月〜 年次有給休暇制度の見直し
  •         2024年2月〜 有給休暇取得状況の分析
        2025年1月〜 更なる改善の検討(記念日や連休設定による休暇の取得促進等)


計画期間

        2022年4月1日 〜 2027年3月31日(5年間)

目標


        管理職(課長以上)に占める女性労働者の割合を増加(5年後 5%アップ)

取組内容

  •             2022年4月〜 管理職を希望する女性を対象又は優秀な人材を選出する等制度の導入を検討する。 
  •             2023年3月〜 管理職を希望する女性の調査を開始
  •             2024年4月〜 管理職候補の対象者に梱包初級/中級/管理士講座等業務に関連する講座を受講

                                させ資格を取得させる。

  •             2025年4月〜 管理職候補の対象者に外部研修を受講させる。
  •               
  •